自宅に居ながらお口の中を綺麗に保ち口腔ケアが必要な際は歯科医院へ

口周りと口腔内を清潔にすることで健康を保つ

普段から口腔ケアをしっかりと行う事が重要

口腔ケアを適切に行うことにより、歯周病やむし歯やといった口腔内のトラブルが少くなくなります。
また、カンジダ性口内炎という口内感染症を予防することにも繋がるでしょう。
歯周病が発症していると入れ歯の固定が困難になることもあるのですが、症状が改善されることで、「歯ぐきと入れ歯の間に食べたものが挟まって痛い」というような症状もなくなるでしょう。
口内炎やむし歯の悪化は、生活の質に大きな影響を及ぼすことがあるため、普段から口腔ケアをしっかりと行うことが重要です。
口の中に入れた食べ物を、歯や義歯でしっかりと咀嚼して、唾液と混ぜて飲み込むということは、食べ物を消化吸収するうえにおいて第一段階です。
この一連の動作を上手に行うことが可能であれば、口を通して栄養がしっかり摂取されて、脱水症状や低栄養状態を防ぎ、体力回復はもちろんのこと意欲の向上にも繋がるでしょう。

口腔ケアを継続し行う事で口内の衛生状態が

口腔ケアにより、口と舌の動きが向上することで、話す際の発音がよくなり、ほかの方との意思疎通も円滑に進むでしょう。
口内環境が改善されることにより、口臭を減らせるという大きなメリットもあります。
相手に口臭を感じさせているのではないかと悩む要因になり、コミュニケーションの障害となることも少なくないのです。
口腔ケアを継続して行うことにより、口内の衛生状態が改善されるため、そのような悩みを解消することにも繫ります。
さらに、口腔機能が向上することで表情が豊かになり、より会話を活発にする助けになります。
口腔ケアにより、口内の衛生状態を保つことが出来ていれば、肺炎の原因となる口内の細菌数を大きく減らすため、たとえ誤嚥が生じても重症化することは少ないでしょう。
高齢者の場合には、寝ている間に唾液を誤嚥するということはある程度避けられないため、口腔ケアを行わなければ誤嚥性肺炎は防げないでしょう。


この記事をシェアする